「ははあ、ビッグスリーを助けるために」 深読みアメリカ「ゼロ金利

印刷

   <テレビウォッチ> 最近のこの番組では、毎日同じニュースを繰り返し見てるような気になる。赤字、閉鎖、削減、休止、延期etcetcetc。しかし、よく注意すれば、会社の名前が違うことに気づく。今日(12月18日)は世界のホンダや日産である。工場稼働延期、期間従業員削減等等等。

敵もやりますねェ

   背景は、お決まりの理由。不動産金融バブル崩壊と円高である。「昔は1ドル360円もらえたのにね~。いまや87円(放送時点)」と司会のみのもんた。

   番組調べでは、対ドルで1円円高になると、日産145億円、ホンダ200億円、トヨタ400億円も利益が減ってしまう。輸出自動車産業はとくに影響が甚大なのだ。この事態を受けて、番組は「自動車大不況」を高らかに宣言する。

   「アメリカは金利を下げて、ゼロ金利にした。当然(ドル安)円高になる。それで日本の自動車輸出を防ごうという狙いがないとも限らない」とジャーナリストの嶌信彦。

   「ははあ、ビッグスリーを助けるために。敵もやりますねェ」。敵ながらあっぱれ、といった様子でみのは頷いた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中