恋愛必殺テクニック男性編 一番キクのはコレだった

印刷

   <テレビウォッチ> 大竹真の「NEWッス」で先日、「女性の恋愛必殺テクニック」というのをやった。 「ボディータッチ」だなんだかんだ。なかに「初デートはキス以上せず帰る」というのに、加藤浩次が、「その計算イラつくわー。その根性が許せない」とキレていた。

旅先のホテルに

   番組は性懲りもなく、今度は「男性編」というのをやったんだと。で、街で聞いた男性の声は、「お金はボクが」「とにかく笑わす」「美しい攻め。下心しかない」「何かに熱中しているところを見せる」……と、割とストレート。

    イケメンになると、「一度振ってまたアプローチ」などと、すこし卑しくなって、なかに「90%あまりミスったことがない」というのが現れた。「臨機応変。ピンポイントでいじくりまわす。がっつかない」

   一方女性の側からは、「花を贈られる」「頭なでなで」「特別じゃない日のプレゼント」など気配りが嬉しいらしい。

   加藤はまたもや「90%?」とうんざり顔。大竹はそのテクニックとやらを並べたのだが、スタジオの面々の反応が面白い。

   ◇「頭を軽くポンポンする」

   加藤が「好意を持ってる人からポンポンされるとうれしいんでしょう?」

   「そうなんですよ」と葉山エレーヌ。「そうでない人だと?」「やめてよ」

   ◇ 「料理を取り分けたり気が利く男を演じる」

   「これはねー」と加藤はそっぽ。

   冨田リカは「媚びなくていいんですよ」

   ところが相澤英孝は、「取り分けるのは男のマナーでしょう」

   「知りません」と加藤。(笑い)

   「次元が違ってきました」と大竹。

   ◇「かわいい子にブスとか、その逆とか」……

   加藤は冷静に「かわいい子はかわいいといわれ慣れてます」

   ◇ 「曖昧にことわって、一週間後に自分から告白」「初メールに絵文字は使わない」

   「かまってかまって引く」

   ベテラン冨田は、「いい男は、こうしたテクニックは使わない」と断言。

   ここでテリー伊藤が電話で登場。病院への移動の途中らしいが、「花を贈るというのがあったでしょう。あれは当たってますよ」

   加藤が「やったことがある?」

   「一度だけ。彼女が海外旅行にいったとき、旅先のホテルに花を届けておいた」

    一同「ほー」。「で、結果は?」「まあまあでした」(笑い)

   冨田は「わたしは変に気を使われると嫌。寡黙な不動の男性がいい」

   相澤は「誠心誠意。触らないが、取り分けたり。根が正直なので、かわいい子にしかかわいいといえない」。冨田がまじまじと顔を見る。

   大竹が「奥様を口説いたときは?」と切り込んだ。

   「もういい」と加藤(大笑い)「いちばんいいのは、誠心誠意土下座する」(笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中