キンコン西野 「時代の流れを予想できていなかった」

印刷

   お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が2008年12月22日のブログで、21日に行われた漫才日本一決定戦「M-1グランプリ 2008」を総括している。

   決勝進出者のうち8番手で登場したキングコングのネタは「ヒーローインタビュー」。野球のヒーローインタビューで起きるドタバタを2人が掛け合った。このネタの評価は、得点にして612点。本命視されていたキングコングだったが、順位は8位と悔しい結果となった。

   「ボクはみっともない」。悔しさ、落ち込みを素直に吐き出す西野は、今回の「敗因」について、次のように分析する。

「結局、時代の流れを予想する事ができていなかったし、そんなのも関係なく凌駕してしまう力を備えていなかった。そのクセ、他人の期待を背負ってしまったもんだからどうしようもない」

   とくに、「自分と関係している人達」には、謝りたいとすまなそうに話す。芸人仲間や先輩後輩、テレビ番組関係者らからの期待があったのだろう。結果が出せなかったことが、悔しかったにちがいない。

   そんな中、激戦を制した「NON STYLE」には賛辞を送る。

「本当におめでとう。ボクら以外の優勝が同期のキミ達で本当に良かった。これからも切磋琢磨していきましょう。いい刺激をもらいました。石田ありがとう。井上ありがとう。二人の苦労は昔から知っているから、悔しいけど本当に嬉しい。おめでとう」

   もっとも、もちろん来年やり返したい、と西野。すでに来年への挑戦を見据えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中