「ネプ」名倉と「くりぃむ」上田 「両雄並び立たず」なのか

印刷

「しゃべくり007」(日本テレビ) 2008年12月15日 22時~

   ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアルの3組がゲストを迎えて様々なトークをする番組。お笑い芸人が7人も集まっているのでさぞや面白くなるだろうと思いきや、人数が多ければいいというものでもないらしい。ネプチューンの名倉とくりぃむしちゅーの上田。両雄並び立たずというが、ほかの番組では堂々とMCをつとめているふたりがこの番組ではコーナーごとに交代するはめに。その結果、どちらが仕切るともなくあいまいな流れになることもしばしばだ。若手のチュートリアルも2組の先輩たちに遠慮しているのかいつもほどはじけていない。3組7人の芸人がさぐりさぐりでやっているようなところが見ていてもどかしくなる。
   15日のゲストは藤原紀香。この番組は登場するまで誰がゲストなのかわからないというのが売りになっていて、誰が出ても一応それなりのリアクションをするのだが、紀香登場の際のリアクションの大げさなこと大げさなこと。あの紀香さまがよくぞこんな番組に来てくださいました、というようなはしゃぎっぷり。紀香ってそんなにありがたがる存在か、とはなはだ疑問だが、最初からそんな調子なので、紀香から面白話を聞き出せるわけもなく、結局のところは来年1月、紀香がやるという初舞台の宣伝だけで終わったようなものだった。7人の男が紀香をちやほやする様はまるでホストクラブのよう。これでは面白いトーク番組になるはずがない。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中