青木裕子アナ「さげまん」説 本人はこう答えた

印刷

「サンデー・ジャポン」(TBS) 2008年12月21日 9時54分~

   爆笑問題が司会するニュースバラエティ。おふざけも多く、ニュースだと思って見ていると腹が立つがバラエティだと思えばまあ許せるかという感じの番組だ。1週間のニュースや出来事、芸能情報などその時の話題を押さえつつ、藤田憲子や泰葉、加護亜依などのわけあり物件をいち早く出演させるところもユニーク。また9月末に「ブロード・キャスター」が終了するとすかさず福留功男をゲストに招き、人気コーナーだった「お父さんのためのワイドショー講座」のパロディ企画「福留さん黙認 みなさんのためのワイドショー講習」を悪びれることなくやってしまうようなところがある。
   今回の「グータラヌーボー」もフジの「グータンヌーボー」そっくり。ニューハーフのはるな、兄弟10人貧乏アイドルで売り出し中の上原、不倫や恋愛関係でお騒がせアナとして知られる青木裕子アナの3人が本音トークで盛り上がる。学生時代はほかの学校にファンクラブが出来ていたほどもてていたが今はさっぱりと言う青木アナに、はるなが「負のオーラ」があると言うと「本当にさげまんなんです」と青木アナ。さらにクリスマスイルミネーションが綺麗な民家の前で、カップルが朝までずっと家の前に座っているという話を聞けば「始まっちゃうんだ」と青木アナ。頭の中はそのことしかないらしい。沢村一樹ばりのエロ発想にあきれるばかり。さかりのついた女子アナを野放しにするのは危険だ。

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中