アメリカ人「怒りの矛先」 「日本車へ」か「怠慢」ビッグスリーへか

印刷

   <テレビウォッチ> 米国自動車ビッグスリーのお膝元、デトロイトの駐車場で、日本車、韓国車やドイツ車など5台がパンクさせられ、スプレーで「BUY USA」と落書きされているのが見つかった、と番組伝える読売新聞記事。

そのほうがシャレになる

   その記事には「日本車など排斥の動きも」とムーブメント的にくくる見出しが付いていたが、「こういう出来事は、ごく一部(のレアケース)だと思う」と与良正男・毎日新聞論説委員は否定的。アメリカ人の大勢は、怠慢で技術革新を怠り、マネーゲームに踊ってたビッグスリーに批判的で、外国車はそれほど標的になってないというのだ。

   「(公的支援を求めに)自家用機で来たってのが、象徴的でね……」と与良。ビッグスリー首脳の自家用ジェット乗り付けエピソードは、みのら番組出演者の語り草となっており、ビッグスリーの名が出る度に言及されている印象がある。

   「『あんたたち自家用機で来て、帰りは売って帰るの』って聞かれたら、オレだったら『ハイ、すぐ売ります!』って言うよ」とみのもんた。「そのほうがシャレになるじゃん」と言い放ったが、スタジオの賛同あるいは笑いは得られなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中