みのが麻生首相に注文 「私のレクチャー受けてからやって」

印刷

   <テレビウォッチ> 昨日(12月24日)、麻生首相が「3段ロケット」なるイラスト入りパネルを使いながら、景気対策を説明。ところが、そのやり方は、みのもんたには朝ズバッ!式のパクリに思えて仕方がないらしい。「真似しないでちょうだいと思いましたねえ」

真似しないでちょうだい

   そして、いきなり「いまから20年前……」と回想モードへ突入。「(私は)おもいッきりテレビで、パネルと(シール)めくりを使ったショウをやって、一世を風靡しました」

   ひとしきり、自分の自分による自分のための昔自慢話である。麻生のモノ真似がなってないことも指摘しつつ、「ちょっと(自分が)やってみますか」と言う。と、再現されたロケットパネルが運ばれて来、みのはみの話法を自ら解説しながらプレゼンして見せる。だがしかし、「ここでカメラ目線(をする)」と言ったときには、皮肉にもカメラはパネルの文字に寄りすぎ、みのの顔を捉えてないのだった。

   「どうですか」。一段落ついたところで、自信満々に出演陣に問いかけると、コメンテイターの大林素子は手を叩いて褒めそやす。なんとも、おもいッきり手前味噌な展開だ。「ただ、指し棒を持って淡々とやってもダメなんですよ。今度は私のレクチャーを受けてから、やっていただきたい」。乞われれば奥義を伝授してやらんでもない――と、鷹揚な大物感を漂わせつつ、みのはパネルショウを締めくくった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中