自民党の「とてつもない不安感」とは 渡辺元大臣「造反」劇

印刷

   <テレビウォッチ>民主党が衆院に提出した「解散要求決議案」に、与党でただ1人賛成した渡辺喜美・元行政改革担当相に、「とくダネ!」が質した「たった1人の造反」を起こした意図は――

見逃せない

   「100年に1度の危機だったら、100年に1度のプランをつくり、100年に1度の政治体制をつくらないと、この危機は乗り切れないんです。だったら解散・総選挙を先ずやったらいいじゃないですか」と持論を展開。

   では、離党をしない理由は――「政党という小さな器で考えちゃダメなんです、こういう非常事態のときには。小さな発想を捨てることが大事なんです。要は、国会議員というのは国家、国民のために仕事をする。日本は1つだということです。以上」と答えて、マイクを着けたまま席を立った。かなり昂ぶっている様子。

   小倉智昭は「正論なんじゃないかと思います。よく1人で立ったと思う」とした。

   自民党の処分が注目されたが、結果は「戒告」という軽いもの。

   角谷浩一(政治ジャーナリスト)は「厳罰にすれば、(党内のゴタゴタで)自民党の断末魔をさらすことになる。大人の対応をしたのではないか」と見る。

   岩上安身は「今回は渡辺さん1人立ちましたけど、あの人の後ろにだれがいるのか、何人いるのか、与党は読み切れていない。中川(秀直)さんたちのグループ、塩崎(恭久)さんたちのグループなどがナダレを打って崩れるかもしれない。とてつもない不安感が自民党にはある」と指摘する。

   民主党は、政府与党の足元の乱れにつけ込んで、さらに攻勢をかける構え。

   「(1月5日に始まる)通常国会は冒頭から見逃せない」(笠井信輔)。

   2009年の政界が荒れ模様になることは必至のようだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中