2018年 7月 22日 (日)

クリスマスを「拒否」 硬派番組が伝える「チャリティー危機」

印刷

   <テレビウォッチ> クリスマスイブからクリスマスにかけて、浮かれたお祭り騒ぎの雰囲気は、今年の朝ズバッ!には一切感じられない。それどころじゃねえよ、と眉をひそめつつ、クリスマス色を頑なに拒否しているかのようだ。

なるほどねえ

   そんな引き締めムードのなかで、サンタも仏もないという日経新聞記事が取り上げられた。今年のクリスマスにピッタリなプレゼントアーティクル。なんでも「チャリティー大国」の米国で、チャリティークライシスなのだ。大手企業や財団からの寄付が減少し、全雇用者数の7%を抱える慈善団体が深刻な活動危機に直面しているという。

   「なるほどねえ。寄付をしようにも自分の生活を守るのに精一杯で、寄付できない。そうですよねえ」と納得顔のみのもんた。かすかな望みは、みのもんたの莫大にして匿名の寄付ぐらいである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中