渡辺元大臣の造反 「かっこいい」か

印刷

   <テレビウォッチ> 自民党内で麻生批判の急先鋒、渡辺喜美・元行革担当相が、たった1人の戦いに挑んだ。

何人かでやってくれれば

   民主党提出の「衆院解散要求決議案」に、自民党からただ1人賛成の起立をした渡辺が番組に生出演。「造反の同志は広がりそうですか?」に「すでに兆候はあります」と、新年早々始まる通常国会の大波乱を予測した。

   まず「たった1人で造反した真意をお伺いしたい」と、小木アナ。

   これに渡辺は「かねて、解散・総選挙をやらないと政治の求心力は戻らないと言ってきましたので、信念に従っただけのこと。一自民党員の前に一国会議員として、全国民の代表として行動しました」。

   さらに、小木が「古賀選挙対策委員長が『内閣不信任案に賛成したようなものだ』と言っていましたが?」には……

   「そういうふうに取られてもやむを得ない。したがって、それなりの覚悟を持って賛成しました。除名とか公認取り消しとか重い方を予想していました」と。

   しかし、党内の若手・中堅の中にはもっと賛同者がいたはずなのに、「たった1人の戦争」とは??

   作家の江上剛が「日頃から渡辺さんと同じようなことを言っておられる人たちが、こういうところでちゃんと意思表示しないなら皆、比例代表にすればいい」と。

   呼応して作家の吉永みち子も「ひとり起立したのを見てかっこいいと思いましたよ。でも国民の正直な感想を申し上げれば、もうちょっと何人かでやってくれたら、早期解散が可能になったかもしれない。『戒告』で済まされ、その流れで封じ込められるのでは?」と、残念そう。

   渡辺は「若手に言えば悩むから、かわいそうで……」と釈明していたが、三反園・テレ朝解説委員の「同志は広がりそうですか?」に「既に兆候はあります。メールがたくさん来ていましたよ」という。

   たった1人の戦争とはいえ、背後には「反麻生」が控え、起爆剤になる可能性も……。「抜けば玉散る氷の刃」を突きつけられた形の麻生政権は、新年早々から大波乱必至の様相だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中