2019年 6月 25日 (火)

お笑いビッグ3・SMAP中居ネタ… 年末の週刊誌「一番オススメ」は?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2009年春には現代、ポスト、朝日が休刊するとの噂が、業界で飛び交っている歳末、各誌の新年合併号が出揃った。

   現代は2週連続の合併号。一昔前は、新年合併号といえば、1年で一番売れる号だったが、今では、平週号に10万か20万部上乗せする程度だそうだが、そうはいっても1年の掉尾(ちょうび)を飾るお祭りだけに、各誌「それなりに」力が入った企画を並べている。今回は歳末大出血サービスで、各誌のお奨め記事をドドドーンと大放出してみよう。

ポスト「日本再生計画」は期待できるか

   まずはポスト。合併号恒例のワイドは「この人たちの収支決算」だが、これといって新味はない。巻頭特集の「これが『平成の救国札』日本再生計画だ!」は、日本銀行が発行する「日銀券」ではなく、政府が直接発行できる「第2の通貨」を25兆円刷ってバラまけというのだ。昭和大恐慌の際に行われたことがあるそうだが、この「劇薬」は副作用が強そうだし、弱腰の麻生首相に期待するのは無理というものだろう。

   お奨めは、ノンフィクション・ライター杉山隆男氏の「田母神さん あなたは『武士』でも『指揮官』でもない」。自衛隊に詳しい杉山氏が、田母神前航空幕僚長に対して、「日本政府の方針に不満があったら、諫死するか、黙って耐えるべき」だと鋭く斬り込んでいる。思わず、その通りだと拍手したくなった。2週前に現代がやった田母神インタビューとは雲泥の差。

   朝日は残念ながら、特集に見るものなし。ワイド「日本の争点'09」は、1本1本が短くて消化不良気味だが、数が多いから、買っても、何本かは自分の関心のあるテーマにぶつかるはず。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)ほか

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中