映画史に刻まれた! 斬新で偉大な悪役(08年ベスト映画上)

印刷

   <エイガ探偵団>この夏『ダークナイト』は本国アメリカで記録的な大ヒットとなり、興行成績が『タイタニック』に次ぐ歴代2位となった。日本ではここまで爆発的なヒットとはならなかったようだが、それでも映画は各媒体で絶賛された。2008年に見た映画で最も印象に残った1本だ。

   クリストファー・ノーラン監督はこの『ダークナイト』を撮る前に「同じことはやらない」と言っていたそうだが、それは一度この映画を見れば一目瞭然だ。前作『バットマン・ビギンズ』よりもダーク色が強くなり、ヒーロー映画で善より悪が印象強い演出は斬新であった。重厚なドラマと複雑な人間模様、さらには二転三転する内容はとても見応えがある。監督は自身が言った言葉通り、今までにないバットマン映画を見せてくれた。

   これから製作されるアメコミ映画やヒーロー映画は、少なからず『ダークナイト』の影響を受けるだろう。そしてヒース・レジャーが演じたジョーカーは、偉大な悪役としてこの作品と共に映画史に刻まれること間違いない。

ジャナ専  巴麻衣

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中