2020年 8月 14日 (金)

しょこたんと観賞6時間超 江戸時代の名画の魅力

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   「テレビだからこそできる」をテーマに、絵画や建築などの名作を6時間以上かけて紹介する「夢の美術館」。今回のテーマは「江戸の名画100選」。

   江戸時代の日本は、世界でも希なほどの絵画の黄金期だったという。安定した社会の中で、絵師たちが腕を競い合うように写実力と想像力を追求し、数多くの名作が生まれた。

   番組では、草花などを大胆にデザイン化した俵屋宗達、尾形光琳らの「琳派」や、歌麿、写楽、北斎など、庶民に支持されるべく進化した「浮世絵」などの名作100選を紹介。ゲストに、しょこたんこと中川翔子やなぎら健壱、春風亭昇太らを迎えて送る。

※夢の美術館 江戸の名画100選

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中