2018年 7月 16日 (月)

上地雄輔が明かす 2日に「明けまして・・・」の訳

印刷

   2008年末のNHK紅白歌合戦にも出場した「羞恥心」の上地雄輔が、09年1月2日になってようやく「明けましておめでとう」とブログでメッセージを伝えた。

   昨年末から忙しかったようで、新年のあいさつを「やっと言えた(笑)つかやっと家に帰ってきた」と報告した。帰宅してすぐに風呂を沸かし、日付が1月2日に変わった頃に「やっと08年のあかを落とせ」たそうだ。入浴後にすっきりしたところでブログを更新したのだろう。

   ファンへのブログでの新年あいさつが2日になったことについては、「(略)黄色はかまを着ましたがオイラの中では元旦は大晦日でした」「だから今がちょうど区切りのおめでとうなんです♪」と説明した。忙しかった仕事も1月1日で一段落したことから、2日になってようやく新年を迎えた気持ちになった、ということのようだ。

   ブログのコメント欄には、新年のあいさつなどのメッセージが、2日正午の段階で9000件以上寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中