2018年 7月 20日 (金)

「給付金」批判する「記者」はもらうか 毎日新聞論説委員の見解

印刷

   <テレビウォッチ>定額給付金を「もらう気はない」と言った麻生首相の矜持はどこへやら。「そのときになって考える」と発言が大幅後退したそうだ。

私はもらいますよ

   こうした迷走ぶりに「そんなグラグラ変わるなよ!」「資質を疑う」と朝ズバッ!司会者のみのもんたは麻生政権への批判色を一層強めると同時に、あらためて番組出演陣の給付金受け取り問題を話題にした。

   「与良さんはどうします?」とみのはコメンテイターの与良正男・毎日新聞論説委員に問いかける。「ボクとしては……」と急に口ごもり、スタジオの失笑を誘う与良。「恥ずかしい話ですが、(毎日は)同業他社にくらべてあんまり給料もよくないし……」。なにを言い出すのかと思いきや、「(本当はもらいたいところだが)ここまで(給付金を)批判してるんだから、もらえませんよね」とのこと。

   「だってこれ法律でしょ。法律を守るのは国民の義務ですよ」とみのは受け取りを強要する。ここで与良の広義の同業他社であるTBSシニアコメンテーターの川戸恵子が口を挟む。自分の受け取り問題は答えずに「みのさんは?」

   「もちろん法律の通り、私はもらいますよ」と、堂々の宣言。「それが『矜持の問題』と言われたんじゃあ……(納得できない)。このスタジオで麻生さんと対決したいですよ」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中