上地雄輔 「羞恥心」から「遊助」へ

印刷

   歌手としての活動を2009年1月2日限りで終えた人気ユニット「羞恥心」の上地雄輔は、「遊助」の名でソロ活動をすることを1月7日のブログで報告している。

   「遊助」としての第1弾のCD「ひまわり」を3月11日にリリースする。「羞恥心」のライブで披露した歌で、オリジナルの歌詞に感動したとか、ライブに行けなかった人からCD化を望む声がブログのコメント欄などに多数寄せられていた。

   「ひまわり」の予約が殺到していると聞き、「だいぶ驚いております。そしてビビっております」。というのも、まだレコーディングをしてなく、カップリング曲については作詞をしていないという。

「でも見てて
絶っっっ対良い物作るから」

   また、「すみからすみまで『遊助』で自分らしく」するため、歌詞のほかジャケットなどもトータルでプロデュースする。

   コメント欄には「完成めっちゃ楽しみだぁ」「絶対、買うからね!!」などのコメントが1万件も書き込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中