桜塚やっくん 「R-1」参加へ「ネタを手術せねば」

印刷

   お笑い芸人の桜塚やっくんは、ピン芸人日本一決定戦「R-1グランプリ2009」に向けたネタ作りを進めているが、苦悩しているようだ。2009年1月6日のブログから。

   なだぎ武、世界のナベアツ、友近といった人気芸人を世に送り出した「R-1」。やっくんも参加することになり、ネタ作りを進めている。代表的なネタはセーラー服姿のスケバン恐子に扮し、紙芝居を使うものだが、問題が生じている。

   R-1では制限時間が決まっているので、ネタを2分以内にしなければならない。

「今までのネタだったら、登場して挨拶したら終わりだよ…。
ロクにネタの設定すら言えないまま終わりそう」

と、気をもんでいる。

   この日は短くして挑戦してみたが2分20秒で、まだ20秒も余分だった。時間を短縮するにはセリフを削ればいいだけのことだが、「どこも削りたくないんだよね。欲張りさんだから」。しかし参加するにはそうも言っていられないので、「あー、こりゃネタを手術せねば」としている。

   「R-1」は3回の予選を経て、2月17日に決勝戦が行われる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中