「格付会社、それまで何を見てたのか」 嶌信彦が不信感爆発

印刷

   <テレビウォッチ>「どうも気になるんだ」と日経新聞の見出しに目を留めたみのもんた。「格下げ、格下げって言葉が最近よく……(出てくるけど)」

影響されちゃう

   その記事によれば、大手格付会社の2008年の格付アゲサゲをまとめてみたところ、「格下げ」された日本企業が「格上げ」組を上回ったそうである。

   「ハッキリ言って、コレはおかしいですよ」とジャーナリストの嶌信彦は言う。「格付」が「おかしい」のである。

   「格付をしてる格付会社ってのは、すごい権威があるように見えるけど、その格付会社自体がどういう格付なのかを考えるべきだ」と嶌。米国の金融危機が明らかになると、格付会社は最高ランクの「AAA」をつけていた会社を突然2、3ランク下げたりした。「(格付会社は)それまで何を見ていたのか」と不信感をぶちまける。

   「われわれ、そういうの(格付)を見て影響されちゃうんだよね」と言うみのに、嶌は「そうですよ」と力強くうなずいた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中