2020年 10月 30日 (金)

なぜみんなロシア語なんだ! カザフ語でプライド取り戻せ

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   アジアの若者たちが夢に向かって努力する姿を追うドキュメンタリー番組、「アジアンスマイル」。今回は、カザフスタンで母国の文化を守ろうと奮闘する若者を紹介する。

   現在カザフスタンでは、若い世代のカザフ語離れが深刻で、ラジオで流れる音楽から、街での会話まで、ほとんどがロシア語なのだという。そんな中、人気コメディチームのリーダー、ヌルラン・コヤンバエフ(30歳)は、自分のルーツに強い関心を抱き、各地の大学などを回ってカザフ語でのコメディーを披露している。自国のアイデンティティーを取り戻そうと活動する、ヌルランたちを追う。

アジアンスマイル

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中