くわばたりえ 「人生で一番、声かけられたくない時やんっ」

印刷

   お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえは東京で雪が降ると聞き、ばっちり防寒対策をしたのだが、電車の中で散々な目にあったという。2009年1月9日のブログから。

   寒さに弱いというくわばたは、パーカーの下に長そでのTシャツを2枚、ジーパンの下にスパッツを着込み、さらに靴下2枚、腹巻き、マフラー、毛糸の帽子で挑んだ。「貼るカイロ」を貼る予定だったが、これは忘れてしまった。

   駅に着くまでは完璧だったが、電車の中は「地獄」。めちゃめちゃ厚着+小走りで乗った電車は、「めちゃめちゃ暑いやんっ! ほんで満員電車やんっ!」。コートは脱げず、マフラーも外せない。ひと駅ごとに 乗客増える。「サウナ状態」で汗だくだ。

   深く被っていた毛糸の帽子は何とか取ることができた。すると、「あっ… くわばたさんですよねっ 頑張って下さい」とサラリーマンに声をかけられた。

「人生で一番、声かけられたくない時やんっ!
髪の毛 汗でペッターンへばりついてるやんっ!
鼻の下 テンテンアセダークやんっ!
マフラーが首の汗を弾いてるやんっ!」

   その人は「気の毒そうな顔」でくわばたを見ていたそうだ。せめて、「貼るカイロ」は忘れて良かったぁ~、という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中