2018年 7月 17日 (火)

2009年オードリー 「失笑から歓声へ」のワケ

印刷

   毎年恒例となっている新春特番がいくつもある中で、年明け早々楽しませてくれるのが「ぐるナイ」の特別版「おもしろ荘」である。売れている・売れていないに関係なく「おもしろそう」なお笑い芸人が住んでいるアパートという設定だ。

   ナインティナインの矢部浩之が大家に扮し、相方・岡村隆史と女性ゲストと一緒に各部屋を順番に訪問してネタを見て「ぐるナイ」に出演させるコンビを決定する。この番組はお笑い芸人の出世番組であり、これまでも小島よしおや鳥居みゆきなど多数のお笑い芸人を輩出してきた。

   今2009年に注目したいのは、やはりオードリーだろう。彼らはM-1グランプリ2008で敗者復活戦から決勝に進出、見事第2位に入賞したコンビである。実は彼らは去年の「おもしろ荘」に出演していたのだが、そのときは強烈すぎる春日のキャラが受け入れられず、観客は終始失笑していた。ちなみにシュールなお笑い好きの私はすでにこの段階でオードリーの虜になってしまっていたのだが……。ところが今年はオードリーの名が出ただけで観客からはたくさんの歓声があがり、ネタの最中も爆笑が続いていた。1年でこれほどまでに評価変わるなんて世の中の流れは早く、また恐ろしくもあると感じさせられた。そして彼らのファンとしては、これで今年更なるオードリーブームが起こることを願っている……。

   「おもしろ荘」の別の面白さは女性ゲスト・瀬川瑛子にある。脱力系ラップで人気のジョイマンの「瀬川さん、中3! イェイ!」という韻を踏んだオチに対して「どういう意味ですか?」と真剣な顔で質問をしてしまう天然真面目さんなのだ。お笑いを深く捉えすぎてしまい、ひとり真剣に考え込むその姿が、観客の笑いを誘う。色々な意味で芸人泣かせのゲストである。

   今年はまだ始まったばかりだが、もう次回の「おもしろ荘」が気になってしまう。今後のお笑いブームに乗り遅れたくない方はぜひチェックしてほしい。

のすけ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中