英ヘンリー王子「差別発言」 「問題」かマスコミの騒ぎすぎか

印刷

   <テレビウォッチ>英のヘンリー王子(24)が、アジア人への差別的な言葉を発しているビデオが公になり、「人種差別ビデオは恥だ」と非難されている。内容は、「パキ」(パキスタン人を蔑んだ呼び方)と、「ラグヘッド」(ターバンを巻いた人を指す)で、どちらも侮蔑的な響きをもつ。

人気があるかもね

   ビデオは3年前、陸軍士官学校の候補生時代に、訓練で空港の待合室で仮眠中の仲間を撮影したもの。寝ている様子を撮りながら、「こいつはパキみたいだ」などと、しゃべっている。

   しかし、「自己管理で採点すると、こいつは2番、こいつが1番。ほかのやつはみんなダメ」などといいながら寝ている仲間の間を歩き回っているので、まあいたずらの類には違いない。その言葉にしても、どうやら彼らの間では普通に使われているもののようだ。

   他の候補生や学生なら、何の問題もないのだろうが、身分が身分だからと、メディアが飛びついたものらしい。わざわざパキスタン人やイラク人の「不愉快だ」というコメントをとっているのだから、騒ぎを大きくしてるのは半ばメディアの方、ごくろうさまな話だ。

   さらに、別のビデオ映像もあって、野戦訓練中に携帯電話で、「おばあちゃん」などといっている。おばあちゃんはエリザベス女王だ。仲間が「いくぞ」というと、「じゃぁ切るよ」なんていってる。が、実はこれ、電話をしてるふりをしてふざけていたんだとか。

   ヘンリー王子は、チャールズ皇太子とダイアナ妃(故人)の次男。これまでにも、マリファナ吸引(2002年)、ナイトクラブでパパラッチを殴った(04年)、パーティーにナチスの腕章で現れた(1995年)などと、さまざまに騒ぎを起こしてきた。兄のウィリアム王子とは対照的にやんちゃで、いたずらっぽいのがよくわかる。

   加藤浩次も、「イギリスの報道で大きく取り上げられてますが……」と気のない受け止め。

   テリー伊藤も、「まあ兵隊ですからね。ただ、日本人だって『ジャップ』といわれたら腹が立つでしょう」

   宮崎哲弥も、「差別は論外だが、軍の荒々しい空気の中で、王室の人間が義務を果たしているんだと、好感を持たれることもあると思う」

   加藤は「お兄ちゃんに較べてやんちゃなところがある」

   テリーは「イギリスの大衆からは人気があるかもね。朝青龍みたいな」(笑い)

   そう、イギリスの王室は日本とはちょっと違う。かつて2人の叔父にあたるアンドリュー王子がフォークランド紛争にヘリコプター・パイロットとして参戦。危険を懸念した政府が王子を異動させようとしたとき、エリザベス女王が拒否したことがある。

   にしても、なんでそんなビデオが流出したんだ?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中