インリンがハマった背中の「毒出し」とは?

印刷

   タレントのインリン・オブ・ジョイトイは台湾ですごいマッサージを受けた、と2009年1月12日のブログで紹介している。

   マッサージ師に「背中に毒素が詰まってるから出してあげるね」と言われたが、その割にすごく痛いわけでもなく、「ホントにこの程度で出せるのかよ?」と疑心暗鬼になる。

   ところが、マッサージが終わって背中を見たら、「スゴイこと」になっていた。ブログに載せている背中の写真には、背骨に沿って2本の赤い筋がくっきりと写っている。

   これはマッサージに失敗したのではなく、赤いのが出る時は体調が悪い証拠なのだとか。通常は毒素を出すのにかなり痛い思いをするそうだが、インリンは気持ちいい思いをして毒素を出せた。

「もう台湾でのマッサージはここしか行かないって決めた!」

と、かなり気に入っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中