2020年 11月 27日 (金)

「民芸品」のルーツとは? その「美」に迫る

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   谷啓がナビゲーターをつとめる美術番組「美の壺」。今回のテーマは、「民芸の美」。

   地方の懐かしい手作り品だと思われている民芸品。だが、「民芸」という言葉は、明治から昭和にかけて活躍した宗教哲学者、柳宗悦(むねよし)が大正時代に生み出した造語だという。「民衆的工芸品」の略で、柳は、民衆の生活で日常的に使われる工芸品の中に美が潜んでいることに気付き、後世にも大きな影響を残す独自の美学を打ち立てた。

   番組では、民芸品のルーツを辿りながら、柳がいかにして民芸品に美を見出していったのかに迫る。

美の壺

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中