川島なお美 「007」の世界を体験

印刷

   女優の川島なお美は、視力回復手術「レーシック」を受けた、と2009年1月13日のブログで報告している。

「いやぁ…お正月DVDで見た007の世界でした」

と、感想を述べている。

   「近未来な手術室」で目を異様に開けさせられたまま瞬きひとつできず、まるで「まな板の鯉」だった。そんな状態にもかかわらず、担当医が終始、「いいですねぇ素晴らしいです、いいポジションです、完璧ですPerfect!」と励ますので、「誉め上手のカメラマンの前に立ってる時みたいな妙な恍惚感」にあったのだとか。

   手術は20分くらいで終わった。直後は「しゅんしゅん」と目が痛み、視力は安定しなかったが、一夜あけたら裸眼で両目とも1.5になっていた。遥か遠くの看板の文字や、富士山がくっきりと見える。近くのものはよく見えないが、徐々に回復するそうだ。

   アイメイクやスポーツは1週間禁止されている。また、寝る時には保護用のプラスチックの眼帯をテープで貼らなければならない。婚約者の鎧塚俊彦にやってもらっているが、テープを鼻の下にも貼られたり、眼帯を外してくっきりと跡が残っている顔を見ては「お猿さんや」と笑われてしまうそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中