デパート特売戦略にテリー忠告 「首絞めてる。目先追うと売れなくなる」

印刷

   <テレビウォッチ>トップニュースは、銀座松坂屋の「食品大特価市」。つまりは、お歳暮の売れ残りをバラで売るので2-5割引、中には6割なんてのもある。会場はもう大変。しょう油を大量に買い込んだ奥さん。「何本です?」「わからない」という騒ぎだ。

加藤:保存ききますから

   買い付けレポートの海附雅美も大興奮だ。

   べにずわいカニ3缶580円、

   べに花油250円、「250円ですよー」

   きしめん105円、

   焼豚は1260円が315円、(賞味期限があるから安い)

   ハム3本2000円が1000円、

   缶ビール12本3150円が2297円

   インスタントコーヒー488円が160円

   しょう油502円が300円

   みりん529円が240円

   100%ジュース120円が55円(海附は1箱24本)……『戦果』を一覧にしたら「17品目53点」。

   加藤浩次が「1人暮らしでしょう。缶ビールそんなに?」「はい、毎日500は」と海附は平然。で、「さあ、正価はいくらでしょう?」

   冨田リカが、「2万円を超える?」

   ご名答。1万8355円なり。「冨田さんは高級店で買うからね」と加藤。で、それがバーゲンでは9830円だった。まさに半額だ。

   相澤英孝は、「要らない物沢山買いそう。お醤油買ってた奥さん、あんなにしょう油使ったら家族が病気になっちゃう」

   と、加藤が「いやいや、しょう油は保存がききますから」と妙に家庭的。

   テリー伊藤は、「首絞めてますよ。こうして売れるのはいいが、他の売場のものが売れなくなる。洋服と一緒。消費者はかしこいから、いま洋服はバーゲンじゃないと買わないでしょ。だから、目先の売り上げを追うと、買わなくなる」

   とはいえ、百貨店の売り上げは、2003年から連続下降つづき。どこも生き残りに必死だ。松坂屋の特価市は1月20日まで。また同じバーゲンセールを、大丸が30日-2月1日にやる。

   テリーが「余り興奮してムダ買いしないように」(笑い)。とりあえずは、のぞいてみるか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中