みのもんたの会社 「新卒採用」に踏み切るワケ

印刷

   <テレビウォッチ> 厳冬のなか、昨日(1月15日)から春闘がスタート。しかし経営側によれば賃上げなどは夢のまた夢。争点に浮上してきたワークシェアリングも「(1人あたりの賃金が下がるなど)なかなか難しい面がある」とコメンテイターの前宮城県知事・浅野史郎。

いらっしゃい、零細企業に

   「――というなかで」と浅野は番組司会のみのもんたに逆質問する。「みのさんの関係してる会社は太っ腹、ドンと何人か雇うとか……」

   「いやあ、零細企業はなかなか人が集まらないですよ」。庶民代表キャラ兼会社社長は突然、真顔になって弁解がましく語る。「こういう時こそ新卒のみなさんを少しでも採用したいなと」「チャンスじゃないですか。就職先がない? じゃあ、いらっしゃい、零細企業に――」

   「零細企業」を強調するみのに「でも、雇うだけの余裕はあるってことですね」と浅野は厳しく追及。「ま、少し……(ガハハ笑い)」はあるらしい。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中