不倫相手は私の友人とも不倫! 女2人が練り上げる「甘い復讐」

印刷

   「ねぇねぇ喪女、ちょっと聞いてよ~」

   おっと、女子トイレで声をかけてくる人が……

   鏡越しに目をやると、『最近キレイ。その理由は……』の姉御が幾分興奮しつつもうすら笑いを浮かべて佇んでいる。彼女は少し私に時間をくれないかと言う。何事かと思い、ひとまず仕事終わりにカフェ(熱燗あるかな 笑)で落ち合うことに。

「それ言ったらおしまいだけど…」

   恋多き姉御のことだ。また新しい男でも見つけて自慢大会か? と勘繰りながらも、まずは乾杯! 寒い日には熱燗に限る! な~んて言いながら、世間話を一通りしたところで、彼女が切り出してきた。

   「あのね、私……不倫している男と別れることにしたわ」

   お、そりゃイイことじゃないっすか! 軽く遊ぶ程度ならいいが、不倫にどっぷりはまると女は不幸になる。また、秘密のデートを背徳心と快楽の狭間で楽しむある種『悲劇のヒロイン気取り』(他人にとっては喜劇のヒロインだが)要素がなくなると、不倫ほど味気がなくなるものはない。

   いったい、姉御はどんな理由で不倫相手と別れることにしたのだろうか……

   「不倫相手がね、私の親友で同僚の女の子にも手を出してたの。信じられる?」

   「おおっ! 何やらまたひと波乱?」と喪女もニヤリ。

   姉御の話はこうだ。

   姉御と親友で同僚のAさんは、あることから近頃2人とも不倫をしていたことが判明。姉御の不倫相手は番組で一緒に仕事をしているスタッフの1人。女2人は飲みながら互いの不倫の恋について相談をしていた。だが、どうも何か引っかかる。

   もしかして、彼女の恋の相手は……

   徐々に話を詰めていくと、彼女の不倫相手も同じ番組のスタッフにいるらしい。

   待てよ?。。。そうなると星は限られる。

   既婚者のスタッフは約5名。

   ムムム、雲行きが怪しくなってきた! と喪女はまたニヤリ。

   決定打は姉御がAさんに聞いた一言。

   「彼って、メガネかけてる?」

   「それ言ったらおしまいだけど…………かけてる」

   。。。誰の事か判ってしまった。

   「って、ディレクターのWさん?」

   「……そう」

2人はニアミス

   ビンゴ~!!! 中でメガネをかけているのは1人だけ。

   ああ、彼女の不倫相手とは姉御の彼だった!!

   親友同士は1人の男を巡って姉妹になっていただなんて……

   こんなベタな展開ってあるんですなぁ。

   「しかもね……」と、姉御の話は続く。

   付き合っている時期を換算すると、2人ともニアミスに近い形でW氏と付き合っていたらしい。不倫という付き合い方に嫌気がさして別れを切り出したAさん。その後3日も経たない内にW氏の後釜に収まったのが、姉御。

   見た目も男の趣味も違う女2人が、結果的には同じ男に抱かれていた。

   しかしまぁ、妻子持ちだというW氏の行動、絶倫に脱帽。手近の仕事関係女子に、どれだけ手を出しているのだろうか? 他にもゴロゴロいるんじゃないの?

   こうして、女2人は衝撃を隠せないままその夜は飲み明かしたらしい。

   姉御はこの一件があり不倫に終止符を打つことにしたんだそうだ。

   背徳心は自己嫌悪に替わったものの、友情は変わらず続いており、絆を強めた2人は、今も何食わぬ顔で2人に接しているW氏へのスイートリベンジを練る毎日を送っているらしい。

   話を聞き終えて、姉御の興奮とうすら笑いに納得。

   絆を強めた女同士の復讐は怖い。何をしかけたかは、またいつの日か女子トイレで聞かせてもらおう。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中