2018年 6月 19日 (火)

「抗議」相撲協会VS「謝罪」小倉智昭 決まり手は「勇み足」?

印刷

   <コメントの窓>小倉智昭キャスター(61)が情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系、2009年1月12日)で、相撲協会などに対して謝罪した。関連記事に寄せられたコメントをいくつか紹介する。

   発端は、同番組(9日)の中で、小倉キャスターが横綱の朝青龍に関連し「星が買えればいいのにね」と発言したこと。12日の小倉キャスターの説明によると、この発言に対し相撲協会から、まるで八百長をすればいいのではないか、という受け止め方ができる発言は慎んでほしい、真摯な態度で謝ってほしいと要求があった。小倉キャスターは謝罪した。一方で、「辛らつな表現だが間違いではない」「責任取れというのであれば、いつでもやめさせてもらって結構」と「反論」もした。

   相撲の「八百長」報道を巡っては、週刊現代と協会などの間で複数の裁判が進んでいる。朝青龍が出廷し疑惑を否定したこともある。

   TVトピックス「小倉智昭、相撲協会へ謝罪 『やめさせてもらって結構』」(2009年1月12日)と、ワイドショー通信簿「小倉『やめてもいい』発言『余波』 結局どうなりそうか」(とくダネ、1月13日)でこの話題を取り上げた。TVトピックスには次のようなコメントが寄せられた。

   「8:キャッツアイ」は、小倉キャスターに批判的だ。「自分にも言いたいことがあるとのことだが言い方がある。これでは素人の言い分だ」。「13:ドラ太もん」も「小倉氏の度重なる独善的なコメントにはうんざりです」と厳しい意見を寄せた。

   一方、「3:まえあたま筆頭」は「ヒステリックに騒ぎ立てるのはやましさがあるから」と相撲協会側に矛先を向けた。「6:名無し」は「小倉さんの言ってる真意も分からず、一方的で短絡的」だと小倉キャスターをかばった。

   13日の放送では、小倉キャスターは「どうにか、私はここに立っております」と報告した。その後の放送を見ても、大きな変化はない様子だ。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中