大統領執務室を再現した店 机に座った赤江キャスターが一言

印刷

   <テレビウォッチ>1月20日(現地時間)の就任式を控えたオバマ次期大統領の就任イベントが17日から始まった。キャスターの赤江珠緒が一足早く、興奮真っ只中の首都ワシントンに入って現地からリポートを。

赤江:立派ですね~

   ホワイトハウスの大統領執務室を再現した店に入った赤江がまず座ったのは大統領の机。で、「この机ですか、イヤー立派ですね~。Yes we can !」。

   17日午前にはフィラデルフィアをスタートした「オバマ列車」が、行く先々で住民から大歓迎を受け、同日夕方ワシントンに到着した。

   その足でオバマは就任イベントが開かれるリーンカーン記念館へ。そこでオバマは「人民の人民による人民のための政治は不屈です」と、敬愛しているというリーンカーン調の演説を。

   25万人が集まったというイベントには、ゴルフのタイガー・ウッズや歌手のスティービー・ワンダー、マライア・キャリーなど有名人が出席し盛り上げる。

   スタジオでは小木アナが「ワクワクするようなお祭りが伝わってきますが、どう感じますか?」に、作家の吉永みち子が「この国の未来どころか、世界中の未来がこの瞬間に動くのかという期待感がありますよね」と。

   所かわって閉塞感が頂点に達している(?)日本。本来だったら一足早く、昨2008年中に総選挙を終え、新年は「新首相」を迎え、需要喚起策や雇用創設策などの不況克服がスタートしているハズだった。

   それをあの手この手で引きのばしたあげく、政権維持(?)のための一院制創設が飛び出してくるとは??

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中