2018年 7月 19日 (木)

DAIGOの「涙目演技」どうだった? 「背徳の歓喜」どう表現??

印刷

   <ラブシャッフル>今回紹介するのは、金曜日22時から始まったTBSの「ラブシャッフル」だ。

   嵐の夜、エレベーターに閉じ込められたことから知り合いになった啓(玉木宏)・愛瑠(香里奈)・旺次郎(松田翔太)・正人(谷原章介)。婚約解消を告げられた啓をはじめ、一見恵まれた環境にありそうな他の3人もそれぞれが何かしらの問題を抱えていた。急速に打ち解けう4人は、正人の提案で、あまり上手くいっていない自分のパートナーをお互いに交換し合う「ラブシャッフル」をすることになるのだが……。

ダブルキスシーンにおなか一杯

   初回は15分の拡張版。あらすじを見る限りでは、なんて無茶な内容なんだ! と思ってしまったが、実際に見てみるとそこまで設定は気にならずに楽しめた。それも玉木宏を筆頭とするイケメンたちのおかげでしょうか。玉木宏と松田翔太のダブルキスシーンにおなかが一杯になりました……ごめんなさい。でも自分の恋人をシャッフルするバブリーなお遊びをあっさりOKしちゃうなんて、やっぱ現実には考えられないっす!

   さてこのドラマの一番の見所と言えば、やはり「うぃっしゅ」で大ブレーク中のDAIGOの演技ではないだろうか。DAIGOの役は、アタッシュケースにいつも現金を持ち歩く青年実業家でちょいストーカー気味の眼鏡くんだ(ちなみに名前は諭吉)。「まさかドラマに出られるなんて思ってなかったので、マジで? と驚きました」というDAIGOの演技は、ちょっとぎこちなさは残るもののそれも役に合っていて良い味を出している。彼女(香里奈)に振られるシーンでは涙目の演技も見せてくれた。「なるべく共演の皆さんやスタッフの皆さんに迷惑をかけないように、セリフだけはガチで覚えていく」という真面目な姿勢を見せるDAIGO。このドラマが終わる頃にはどれくらい演技力が成長しているのか楽しみだ。

   次回はさっそく最初のラブシャッフルが始まりますが、このドラマ、最終的にどんな結末になるのか想像つきません……。個人的には、なにか裏がありそうな優し~い笑みを浮かべる正人に注目したい! 今後はどんなシャッフルが待っているのでしょうか。1週間の疲れをイケメン見て癒されたいアナタは是非ご覧になってはいかがでしょう。

じょん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中