暗いニュース「明るくする」方法 売り上げも伸びる?

印刷

   昨2008年秋から始まった不況の嵐は、年が改まって、ますます猛威をふるっている。もはや麻生首相の愚鈍ぶりを批判した雑誌など、タダで配っても読みたい読者などいないだろう。

   どの雑誌の目次を見ても、暗くなってしまう。こうしたときこそ、明るい、心がホンワカする記事を読みたいものだが。

「ワークシェア」掘り下げた「ポスト」

   だいぶ前になるが、アメリカの「USATODAY」という新聞が部数を大きく伸ばして話題を呼んだ。その新聞の編集方針は、事件、事故を報じるときも、明るい面を見るようにすることだった。例えば、飛行機事故で300人の乗客の内250人が死んだとする。他の新聞は「死者250人」と書くが、「USATODAY」は「生存者が50人もいた!」と書く。この編集方針が成功して、この新聞は全米ナンバーワンになった。日本のメディアも真似してみたらどうか。

   現代の大特集は「サラリーマンも経営者も必読!」と謳った「銀行に勝つ交渉術」。中味は、銀行から借りた住宅ローンは、銀行側と話し合えば、3~5年延長できる。教育ローン返済も延長できる、一括払いの期日までに入金できないようならクレジットカードはリボ払いにせよというものだが、目新しいものはない。なかでも、リボ払いは、自分の経験から、やめたほうがいい。さまざまな設定の仕方があるが、毎月の支払いが少なくて済むという「錯覚」で、毎月買っていれば、あっという間に限度額の100万円になってしまう。そうなれば、クレジットカードで買い物を絶対しないという強い意志がないと、毎月10万円を延々払い続けることになる。こうしたカードを2、3枚持っていたら地獄である。よしたがいい。

   ポストはサラリーマンの味方雑誌から、「ロスジェネ」世代応援誌に変えようとしているのか、その手の記事が充実している。「派遣村『美談のウラ』『怪しき人々』」はそこそこだが、「御手洗『ワークシェア』の正体は『悲願の正社員リストラ』だ!」は、経営者たちが取り入れようとしている「ワークシェア」という聞こえのいい言葉の実態は「労働者いじめ」に他ならないとして、夕方、タイムカードを押すと、再び席に戻り、『サービス残業』を続ける大企業社員の姿をルポしている。

   キャノンの内部留保は、02年3月末の9000億円から2兆8000億円と3倍にもなっているのだ。これはソニーもトヨタも同様だろう。それなのに、いま苦しいからと、派遣ばかりではなく正社員まで切り捨てようとしているのを許しておいていいのか。ポストの意気やよしである。

「消えた年金」 社保庁の「ふざけた」対応

   もう1本は、「消えた年金『高齢者は受け取る前に死んでしまう』」。先頃、加入期間が足りなくて年金がもらえず、働きづめできた86歳の女性が脳出血で倒れたが、これも社会保険庁のミスで、3600万円も戻ってくるのだという。しかし、今すぐそのお金が必要な女性に、社会保険庁は、「いつ払えるかは今年の8月に通知する」というのだ。ふざけるなである。

   失業者たちがやっと住めるようになった「雇用促進住宅」に、驚くことに、公務員たちがこっそり入居していたことを暴いた記事も、読む側の怒りを増幅する。

   今週の注目記事は、朝日の「日本郵政・オリックスとの不透明な関係」。昨年12月に日本郵政が、全国の「かんぽの宿計70ヵ所を、オリックスの子会社であるオリックス不動産へ一括売却すると発表した。これに待ったをかけたのが鳩山総務相で、1月6日に、売却中止を求めたのだ。しかし朝日新聞などは、社説で鳩山のほうがおかしいとクレームをつけた。

「(前略)だが、理由が不明確で納得できないのは、鳩山氏の「待った」の方ではないのか。許認可という強権を使い、すでに終わった入札結果を白紙に戻そうというのなら、その根拠を明示する責任はまず鳩山氏にある。(中略)明治時代の官業払い下げならいざしらず、競争入札を経た結果に対し、さしたる根拠も示さずに許認可権を振り回すのでは、不当な政治介入だと批判されても抗弁できまい」(かんぽの宿 筋通らぬ総務相の横やり:朝日新聞1月18日朝刊より)

   親会社に敢然と反旗を翻した「週刊朝日」は、日本郵政のプレスリリースの中に「かんぽの宿等の各施設に附帯する住宅等の施設及び首都圏社宅9施設を含む」という記述を見つけるのだ。

   このオマケ物件は首都圏にあり、オリックスにとって非常においしいというのだ。武蔵境、町田、五反田などにある物件はどれも交通便利なところにあり、総額47億円と推定され、売却総額の4割にもなるのだ。その上、入札の際の詳細を日本郵政側は明らかにしない。宮内義彦オリックス会長と日本郵政との不透明な関係をハッキリさせてから、売却すべきだと思うのは、鳩山総務相だけではない。さて、どうする朝日新聞。

   蛇足!「朝バナナダイエットの森久美子が大リバウンドしていた!」(朝日)、103kgあった体重が80kgになり血圧もコレステロール値も下がった「一日ひと房驚異のにんにくダイエット」(現代)が面白い。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中