米国変える「真の力」は? オバマか若者かユーチューブか

印刷

   オバマ大統領のホワイトハウスでの執務が始まった。興奮と熱気の就任式は、変革への期待の大きさをうかがわせたが、目に見えた変革の実績が示せないと国民の挫折も大きい。

1300万人の草の根支持者

   アメリカの場合は、その実績を示すタイムリミットは就任後100日といわれている。オバマ大統領は危機をどう乗り越え変革を実現させようとしているのか……

   特集番組『オバマが変えるアメリカ』のシリーズが始まった。その第1回目のテーマ『国民を政治に巻き込め』は、大統領選を勝利に導いたオバマを取り巻く草の根パワー。『変革の要』として再糾合しようというオバマ戦略を取り上げた。

   「オバマは1300万人の親衛隊を持っているようだ」。アメリカのマスコミがこんな表現をするオバマを取り巻く草の根支持者たち。

   オバマ陣営では、党派対立や既得権益を持った圧力団体など変革を拒む勢力に対し、草の根のパワーの知恵や情熱を活用して変革を実現させようという動きが既に始まっている。

   就任式3日前にオバマは、1300万人以上の草の根支持者たちが登録しているという自身のホームページで、新しいメッセージを発表した。

   「大統領として課題に対処するために、すべての国民の助けが必要だ。選挙で変革のために戦った皆さんに戦いを続けてほしい」

   いち早く着手したのが、変革が難しいと言われる医療保険改革。

   6人に1人が加入していないというお粗末な医療保険制度にメスを入れようと、改革を担うキーマンとなる厚生長官に、民主党院内総務を務めたトム・ダシュルを指名した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中