2018年 7月 16日 (月)

北陽・虻ちゃん 「残った汁を持って帰りたい……」

印刷

   お笑いコンビ北陽の虻川美穂子が2009年1月22日のブログで、食事の帰りに厚かましいお願いをしてしまったというユニークなエピソードを披露した。

   先日、美味しいと評判のちゃんこ屋さんへ女4人で行ったときのことだ。掲載された写真によると、お笑いコンビ・オアシズの光浦靖子、大久保佳代子らと食事を堪能したらしい。で、ちょっとしたハプニング(?)があったのは食後のことだ。あまりにも食事がおいしかったものだから名残惜しい気持ちになって、4人の間ではこんなやり取りがあった。

「残った汁を持って帰りたい。これで、ご飯入れて明日の朝御飯に!」
「いや~、汁だから無理でしょ。」
「タッパーあるんじゃない?」
「いやタッパーまで、お世話になれないでしょ。」
「タッパーは、返します!と言えば何とかならないか?」

   はじめのうちはヒソヒソ話をしていたはずがいつの間にか、大きな声となってしまったらしい。これを耳にした店主が、「昼に残った、まかないで良かったら持って行きます?」とタッパーに詰めてくれたという。だが、これだけではなく、もう一歩踏み込んだこんなお願いもした。

「オーッ!私達1人の寒い朝を想像してくれて、ありがとうございます!」
「でも、この大きなタッパーでも4人別々に住んでるので、ビニール袋で良いので4当分してください」

   こんな厚かましいお願いだったにもかかわらず、無事、美味しい「麻婆豆腐」を袋につめてくれたんだとか。掲載された写真には、誇らしげにビニール袋が掲げられている。

「東京の心あたたまる話でした!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中