2020年 12月 4日 (金)

「ちょっと熱め」が危険!? 「ぬるま湯」でも「大満足」入浴術

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   日常生活に溢れる「なぜ?」や「どうして?」をユニークな実験を用いて検証していく「ためしてガッテン」。今回のテーマは「安全入浴術」。

   これまで入浴中の死亡事故といえば、寒い浴室で「熱すぎる」お湯に入り、ショックで心臓発作などが起きるといった印象が強かった。しかし、最近の研究によると「ちょっと熱め」程度の温度が最も事故数が多いことが判明したという。安全な入浴のためには、湯温を低くするのが最も効果的だそうだが、それでは「暖まれない」、「入った気がしない」と感じてしまう人が多いという。

   番組では、ぬるま湯でも「十分に体が暖まる」という「裏技」などを紹介する。

ためしてガッテン

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中