沢尻エリカがハワイで植樹 そのコーヒーのお味

印刷

   <テレビウォッチ>今日(1月26日)の午後ハワイで開かれる沢尻エリカと高城剛の結婚披露宴を「スッキリ!」が追いかけて、「一足早く会場をお見せします」と。そうまでするほどの話なのかどうかはともかく、コーヒー園の一郭というから、たしかに風変わりではある。

ファッションがみたいよね

   場所はオアフ島から300キロ離れたハワイ島。ここにコーヒーチェーンのドトールがもっているコーヒー園。ハワイはブルーマウンテンやキリマンジャロと並ぶコナという品種の産地として知られ、ハワイ島にはコーヒー園が沢山ある。

   ドトールがもっているのは「Mauka Meadows」という農園で、東京ドーム10個分の土地に9万本以上のコーヒーの木がある。高城が、ドトールの創業者の鳥羽博道名誉会長と親交があったことから、披露宴会場になったという。

   実はここには、来園した有名人が植樹したコーヒーの木が沢山ある。沢尻も2年前植樹していて、その木から採れたコーヒーが披露宴で出席者に振る舞われるのだそうだ。ということで、取材スタッフがその木探しを始めた。

   「安倍晋三様」という札のついた木があったが、ほかにも明石家さんま、江口洋介などもあるのだとか。しかし、沢尻のがなかなかみつからない。探索すること1時間で、ようやくみつけた。冨永倫子ディレクターが「ウォーリー、あった、あった」とスタッフの名を呼ぶ。

   「沢尻エリカ様 2007年1月1日植樹」という札が立っている。高城と知り合って3か月後。06年12月には、たしかに成田空港から出発する沢尻の姿をカメラが追っていたが、記者の問いかけに彼女は終始無言だった。それから2年というわけだ。

   木は3メートルくらいで、すでに実はつみ取られた後。披露宴といっても、バーベキューとパーティーで出席者は30人くらいといわれているので、まあ足りるのだろう。なかなか粋な仕掛けではある。

   その冨永ディレクターが電話で質問に答えた。

   冨永「パーティーは3時間半後なんですが、先ほど閉園するという張り紙が出まして、来園者もマスコミもシャットアウトになるようです」

   加藤浩次「会場には入れない?」

   冨永「遠いので、なんとか撮影できないかと……」と頼りない話。

   テリー伊藤「2人はいまどこにいるんですか?」

   冨永「来るまで30分ほどのリゾートホテルに滞在している」

   加藤が、「ボードをみつけて興奮してましたね」

   冨永「スタッフに聞くと、2000本以上あるので、あきらめかけてたら見つかったので」

   「なんとか撮るようにがんばって」と加藤。

   テリーは「高城さんによろしくね」なんてのんきだ。

   加藤は「パーティーが撮れたら、冨永ディレクターががんばったということになる」

   テリー「ファッションがみたいよね」

   取材費使って現地にいった連中は、絵が撮れないとなったら大変だ。行く方も行く方だが、それを閉め出す方も相当な神経だ。しかし、視聴者には、結局どうでもいい話。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中