2018年 7月 16日 (月)

水野美紀 克服したい「苦手」とは?

印刷

   女優の水野美紀は、「今年はいろんな『苦手』を克服したい」と2009年1月27日のブログで綴っている。

   この日、インテリアショップでカーテンを注文し、ついでに観葉植物を購入した。以前、サボテンを枯らしたことがあり、植物を育てるのを苦手としていたが、克服したいと奮起している。

   ほかにも、「ドア」「スイッチ」「蓋」「メニュー選び」「スケジュール管理」「携帯の扱い」が苦手だという。

「スタジオのドア、宿泊するホテルのドア、
店のドア。
スムーズに開けられた事がない」

   ドアをガタガタやっていると、周りの人が見かねて開けてくれるという始末だ。

   また、ホテルではスイッチがどこにあるのかわからず、部屋の中をうろうろしてしまう。飛行機や新幹線の座席に付いているリクライニングレバーやスイッチも場所がわからない。

   蓋は、とにかく開かず、

「うちの冷蔵庫のピクルスの瓶の蓋、
もう半年開かない!」

という具合で、克服したいという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中