2020年 10月 25日 (日)

室井佑月「特別な1冊」紹介 選んだのは「妖精のような…」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   著名人100人がゲストとして順番に登場し、自分にとっての特別な「1冊」を紹介する番組「私の1冊 日本の100冊」。今回のゲストは、作家の室井佑月。

   室井は、「走れ!タカハシ」という村上龍の小説を「私の1冊」に選んだ。その理由は、この小説の登場人物が「人間臭くて、面白い」からだという。特に村上の描く「おじいちゃん像」は、信念が強く妖精のようでお気に入りだ。

   番組では、室井が「走れ!タカハシ」の魅力を紹介するとともに、「読書によって人間は深くなる」という室井の読書に対する考えにも迫る。

私の1冊 日本の100冊

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中