「がん」語る鳥越俊太郎 故逸見政孝さんとの「共通点」

印刷

   <テレビウォッチ>がんで亡くなってから15年。人気司会者だった逸見政孝さんの「がん死 15年目の真相」という特集――が、何の真相だったのかわからないままにVTRが終わると、カメラは当然のごとく、ジャーナリストで番組コメンテイターの鳥越俊太郎にクローズアップ。

人間ってそんなもんですよ

   鳥越のガンとの闘いは、保険会社のテレビCMなどを通して有名であり、発言以前に、今日の顔色や体調が気がかりになってくる。通常、番組では司会の赤江珠緒らが話を振り、鳥越が映るパターン。これだと不安が増すが、今日のVTRが終わったあとでは、まだまだ元気そうに見えたものである。

   さて、逸見の妻のインタビューによると、何億円という金額で新築したばかりの自宅をどうしたいのかなど、(自分の死後のことを)何も言わずに死んでしまったことに、妻はわだかまりを持っていたのだという。

   それを受けて、鳥越は「僕も家族にはほとんど何も言ってない」という。それは「心配をかけたくない。最後まで自分で始末をつけたい」という思い、そして自分がガンとの闘いに勝つという信念がある。逸見さんも死の間際まで、自分は生還すると信じていたという。

   「あの筑紫さんだって、生還できると思ってた。僕も生還できると思ってるから、(家族に)何にも言わないんですよ。人間ってそんなもんなんですよ」。そう冗談めかして語ると、司会の赤江らには、「ふーん」の一言で軽く片付けられていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中