巡音ルカ、初音ミクを超えた部分 「宇多田ヒカルもビックリ」

印刷

   1月29日にクリプトンが発売したばかりの「キャラクター・ボーカル・シリーズ」第3弾の「巡音ルカ」(めぐりね・るか)が、さっそくニコニコ動画を賑わせている。

   同シリーズは、あらかじめ収録された人間の声のデータをもとに、パソコン上でボーカル(歌声)パートを合成、作成できるソフトだ。初代の「初音ミク」は、ニコニコ動画で大ブレークし、ミクにオリジナル曲を歌わせた動画が流行した。

   続く2代目の「鏡音リン・レン」は、透明感のある癒やし系ボイスのミクに対して、アクティブでパンチの効いたキャラクター。では今回のルカは? 声優の浅川悠が演じる「クールでちょっぴりミステリアス」な歌声が特徴だという。

   そんなルカの歌声が聴けるオリジナル曲が、ランキング上位に複数チャートインしている。なかでも一番人気は公開から4日間で37万回再生の「RIP=RELEASE【巡音ルカオリジナル】」。閲覧者のコメントでは、これまでのキャラクターのなかで一番歌がうまい、自然な歌声だ、などと評判も上々の様子だ。

   しかも、ルカはこれまでのキャラクターにはない能力を隠し持ってるとの噂があり、当探偵社がさっそく調査したところ、驚きの事実が判明した。シリーズ初の試みとして日本語と英語の2つの音声データベースを搭載し、英詞の曲や、日本語と英語が入り混じった曲も自在に歌いこなすというのだ。宇多田ヒカルもビックリのバイリンガル女性バーチャルシンガー、それが巡音ルカの正体だった。

   その英語歌唱力は「【巡音ルカ】ぽっぴっぽー【大型店だよ!】」などで確認できる。再生3分過ぎから、テンポよく英語を繰り出すルカに注目だ。

   「巡音ルカ と 英語でおしゃべり!」では、リン、レンとルカの漫才風会話のなかで、「あなたはEnglishしゃべれますか?」と英語ネイティブっぽい発音でたたみかけるルカに、リン・レンがたじたじとなっている。なお、この動画は、派生バージョン「巡音ルカ と 英語でおしゃべり! に絵を付けてみた。」のほうがシチュエーションがわかりやすいだろう。

   かつてない可能性を秘めた、できるバイリンガル国際派シンガーの誕生。YouTube(ユーチューブ)をはじめとする海外進出にも期待が持てそうだ。

OP・コンチーネ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中