旅先で不機嫌になる東野 岡村と繰り広げた「新感覚」の世界

印刷

「サタデーバリューフィーバー 東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…中国の旅(後編)」(日本テレビ)  2009年1月31日 13時30分~

   土曜の昼下がりといえばドラマやバラエティの再放送というのがおきまりだが、日本テレビのこの「サタデーバリューフィーバー」枠は新企画にチャレンジする1時間となっている。
   今回の企画は東野幸治と岡村隆史によるふたり旅で、タイトルにもあるようなプライベートな雰囲気が漂う新感覚の旅番組だった。どこが新感覚なのかといえば、通常の旅番組の場合、秋は紅葉、冬は温泉というように時季に合った観光スポットを歩き、食事や宿など段取り良く決められているものだが、この番組は行き当たりで、ドキュメンタリータッチに作られている。
   たとえば今回、少林寺や三皇寨という絶景地を巡っていたが、かなり寒かったようで、東野が「風呂に入りたい」とだんだん不機嫌になっていくその様子も映されていた。さらに夜行列車で天安門に向い、到着したのは朝の6時半。そこで朝がゆを食べようとおかゆの美味しい店にタクシーで行くも店は開いておらず、早朝から開いているお店を探し歩くなどダンドリの悪いところも旅の醍醐味と、ありのままを見せるのである。お目当てのお店が行ってみたら定休日だった、ということは実際の旅ではままあることだが、旅番組でこのパターンは珍しい。
   残念だったのはナレーションだ。身内に不幸でもあったのかというような抑揚のない陰気な声は旅番組にはふさわしくない。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中