金だけ信じる復讐の鬼「銭ゲバ」 「人間」を描けているか

印刷

「銭ゲバ」(日本テレビ) 2009年1月31日 21時~

   ジョージ秋山の有名な劇画が原作、手だれの脚本家(岡田惠和)の脚色である。貧乏育ちで金しか信じられず、自分をコケにした人々への復讐の鬼と化した主人公・風太郎(松山ケンイチ)が、殺人までして次々と野望を遂げてゆく。父親によって幼い時に左目に怪我をさせられ、母親は貧乏で医者にもかかれず死に、これでもかこれでもかと悲惨が続く、よくあるピカレスク物語である。
   毎日新聞がワンクールごとに記者やテレビウォッチャーを集めてドラマ判定会を記事にしているが、今期の中では6人の内4人もが◎の評価を下した番組なのだが、さて。筆者にいわせれば笑止千万である。この6人はおそらく劇画世代で、めまぐるしく起こる事件を繋いだハードボイルドタッチに目くらましされているのであろうが、作品としては決して高級なドラマではない。何故なら、人間を描くというよりは、おどろおどろしい事件の羅列により、一見人間を描いていると錯覚しているだけで、浅薄なのである。
   風太郎は目的の金持ちの家に潜り込んだが、そこの娘は顔に痣があり下半身は車椅子、これもハンディキャップ要素に寄りかかって『鬼面人を驚かす』。毎度口を酸っぱくしていっているが、ドラマは普通の人を描いて、そこに人間の在り様や真実を問うのが本道であり、その作業は至難の業なのである。『鬼面人を驚かす』だけなら負の要素ばかりつなげて事足れり。これでは良質なドラマといえない。

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中