「麻生首相は後世評価される」 大澤弁護士「太鼓判」の理由

印刷

   <テレビウォッチ>郵政民営化発言などをめぐって、それでも俺はブレてないと言い続ける麻生首相。スタジオでは、もはや批判の段階を通り越し、ワンパターンネタの芸人を見ながら嗤う雰囲気である。

政権維持させたい層を変えた

   テレビ朝日コメンテーターの三反園訓が自民党を取材すると、ある若手議員は「麻生さんがこんなにヒドイとは思わなかった」と打ち明けた。それが自民党内の空気だという。

   最新調査の内閣支持率は14%。「14%の支持率があるのが不思議でたまらない。なにをどう思って支持してるのか」(室井佑月・作家)。三反園曰く、そろそろ党内で麻生降ろしが本格化してもよさそうなものだが、かといって替わるべき人も思いつかない「自民党、最大の危機」。

   弁護士コメンテーターの大沢孝征には、はやくも「ポスト麻生」の世界が見えているようだ。「(麻生は)自民党支持者の最後の望みだったのに、支持者ですら、愛想が尽き果てるような人だった。なんとかして自民政権を維持させたいという国民層を変えた、その功労者ですよ。歴史を回転させた人物として、後世評価されるのではないか」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中