カラテカ矢部 フリマで得た「掘り出し物」

印刷

   お笑いコンビ、カラテカの矢部太郎が、2009年2月12日のブログで、フリーマーケットでの心温まるエピソードを書いている。

   番組の企画で似顔絵を描き始めた矢部。この日は、フリーマーケットでお客さんの似顔絵を描いていた。すると、一人の「おじいさん」が険しい顔で「描いてくれ」とやってきた。一生懸命描いたにも関わらず、完成後、おじいさんは無口で帰ってしまった。しばらくして戻ってきたおじいさんを見て、矢部は「似ていない」と怒られると思ったが、おじいさんは、

「日付と場所を書いてくれ」
「もう、そろそろ寿命かなと思っていたけど、この絵を見てまだだと思ったよ」

   矢部は、「そんな風に思ってもらえたこと フリーマーケットはいろいろ掘り出せ、宝があるところですが こんな宝もあるのだなあ」と感激。記事には、矢部が描いた似顔絵も一緒に掲載されており、「すごぃ絵うまいですね!」といったコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中