いしだ壱成が学んだこと 「ここはどん底じゃない」

印刷

   女性との二股交際が報じられ事務所から契約を解除された俳優のいしだ壱成が、2009年2月14日ブログを更新し、ファンに感謝の気持ちを伝えた。

   2月6日のブログでは、厳しい状況にあっても「俺は絶対に勝つ!!」と、今後も芸能活動を続けて行く意向を示していた。「頑張って!ずっと応援してます!」といったコメントが、約3200件寄せられていた。

   14日の「陽はまた登り、今日も生きる。」と題された更新では、寄せられた多くのコメントに対し

「涙して、心して、読ませて頂きました。皆さんは恩人です。
このご恩、一生忘れません」

とファンに感謝。「ここはどん底じゃない。どん底なんて言っちゃいけないのかも知れない。甘えだった。ひとつ学びました」といい、もっと苦労している人たちの支えになれるよう、「器の大きな人間になれる様に努力をする」と誓っている。

   また、14日はいしだも出演している映画『鎧 サムライゾンビ』の公開日でもあり、主演の桜塚やっくんなどが都内で舞台挨拶を行っていた。

「舞台挨拶に立ちたかった。悔しいけど、スクリーンから離れた所より、またいつの日かカメラの前に立てるのを目標に頑張ります」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中