小泉発言の真意 「『変人』にブチ切れただけ」説の実相

印刷

   <テレビウォッチ> 「笑っちゃうほど……」と、たちまち新聞の見出しになる麻生批判をはいておいて、自身はさっさとロシアへいっちゃった小泉元首相。長谷川豊が先週示したもろもろの観測は、「みなはずれました」。

いろんなこと考えてんだ

   長谷川の読みというのは、例の「定額給付金」を含む補正予算関連法案を、「3分の2(の再議決)を使ってまで通す法案じゃない」といったことで、造反→小泉チルドレンの追随→3分の2不成立→麻生内閣総辞職?というシナリオ。

   ところがこの週末をみる限り、目立った動きはなく、小泉元首相が帰ってきたあと、参院否決→衆院再議決となっても、造反がひろがる目はなさそうという。むしろ、目を党内対立に向けさせることで、民主党を焦点からはずす効果か?と3年前と重ねた発言をする人もいる。

   そうなると、菅直人・民主党代表代行がいっていた、「小泉さんというのは、究極の愉快犯ですから」というのが、ことをよくいい表していそうだ。

   小倉智昭が、「小泉チルドレンは、一致団結していた方が票が集まるのか、小泉さんと議場をでていった方がいいのか、どっちだろう」

   上杉隆は、「1回賛成した予算案に反対はしにくい。除名もありうるから、それで選挙はたたかえない。小泉さんは、補正などどうでもよくて、春以降をみつめているような」という。

   長谷川が、あの批判はなんだったのか?と聞いた。

   上杉は、「ただ麻生さんの発言に怒っただけ」という。特に「奇人・変人」発言には日頃から敏感なので、「ブチきれちゃった可能性がある」と。またタイミングについては、「予算があがったあとの第2ステージへの布石」。つまりそこで、麻生VS抵抗勢力の図式で、中川(秀)、小池という名前が出てくるとみる。

   小倉は気がなさそうに、「いろんなこと考えてんだ」

   ピーコが、「カメラマンがいるところであれだけのことを言ったんだから、何か意図があるだろうと思ったら、ただ怒っていただけ?こういうのみると国民不在だなぁと、政治を信じなくなると思う」

   それはみんな分かってる。が、だからといってがらがらっと変える勇気もないのかね、日本の有権者は。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中