2018年 5月 25日 (金)

はなわ 「『上』じゃなくて『ルビ』の方をください」

印刷

   ものまねタレントのはなわが2009年2月16日のモバゲータウン内の日記で、焼き肉屋の店員との間で起きたユニークなやりとりを紹介している。

   四谷の焼肉屋に行ったときのことだ。店員はみな韓国人。そんなこともあって、「メニューを見ると『上カルビ』が『上かルビ』と間違えて『か』だけひらがなになっていた」というありがちなミスがあったという。

   そこで、はなわは、わざと「『上』じゃなくて『ルビ』の方をください」と、しゃれをきかせて注文。もちろん、軽く流されてしまったがしばらくすると、「店員さんが片言の日本語で『ルービーおまちしました。』とビールを持ってきた」。

   この韓国人店員はどうやら、いわゆる業界用語を把握していたらしいのだ。もしかしたら、お客さんがそんな注文を繰り返したのかもしれない。はなわもこの近所には「元々、日テレとフジテレビと文化放送があった場所だけはある」とおどけていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中