インリン 出演料未払いで「ハッスル」を提訴

印刷

   タレントのインリン・オブ・ジョイトイが、2009年2月17日のブログで、出演料の未払いがあったとして、自身が「インリン様」として出演していたプロレス「ハッスル」の運営会社「ハッスルエンターテインメント」を提訴したと明かした。

   それによると、ハッスルエンターテインメントは、出演料などに「多額」の未払いがあり、それを支払うよう、これまでにも何か月にも亘って交渉してきた。だが、何度も約束が破られたことから、「熟慮の結果やむを得ず」、インリンの所属する事務所「ステイトリーズ・ガーデン」が「ハッスルエンターテインメント」を提訴したという。

   今後、この件に関しては全て弁護士に任せるが、「誤解が生じない為に、この場で公表しました」とのことだ。

   これに対しハッスルエンターテインメントの広報は2月17日、J-CASTニュースの取材に対し「現在確認中ですので、特に申し上げられることはございません」と答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中