上原浩治 「これという確信ないから不安やね」

印刷

   ボルチモア・オリオールズの上原浩治投手が2009年2月18日のブログで、キャンプ開始3日の様子について報告している。

   この日は練習後、捕手のゾニーら14人と夕食に出かけたという。「コミュニケーションが大事だから積極的に今はなってるかな」。もっとも、何を喋っているかわからないこともあって、通訳の助けを借りているそうだ。英語が聞けて、喋れればとも思っている。

   ただ、練習についてはやや不満があるみたいだ。練習が2時間で終わったことに対して、次のように語っている。

「これでいいんかなって思うけど、まずはアメリカのスタイルに合わしてやらないとな。ここは日本じゃないんだし、郷に入っては郷に従えって言うしね。慣れてきたら、また話し合いをしてスタイルを変えたらいいんだしな」

   また、17日の記事では、ブルペンに入って投球したが、「調子が良いのか悪いのか、はっきりわからずに終わった感じや」とこぼしている。上原投手の生命線、フォークボールの落ちは少し悪かったらしく、「抜けるっていうような感じじゃないねんけど、これだっていう確信がないから少し不安やね」。

   とはいえ、本番は4月からだ。いまのところ、焦らずに調整していきたいと意気込んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中