2018年 7月 19日 (木)

つるの剛士、ソロデビュー 「かなり良い感じです」

印刷

   惜しまれながら歌手活動休止を発表した「羞恥心」のリーダー、つるの剛士がカバーアルバム「つるのうた」でソロデビューする。自身のブログ「つるたけ日記」では、今回のアルバムの出来に自信をのぞかせている。2009年2月18日の更新。

   アルバムの発売日は4月22日に決まった。カバーアルバムには、プリンセス・プリンセス「M」、森山直太朗「愛し君へ」、杏里「オリビアを聴きながら」、絢香×コブクロ「WINDING ROAD」、斉藤和義「歩いて帰ろう」など12曲をチョイス。そうそうたるヒット曲を歌う。

   この12曲を選び出すには、「かなり迷いました。かなり時間がかかりました」と明かす。50曲以上を実際に歌った中から厳選し、「あえてバラードを多目に選曲させていただきました」。手前ながらも、「かなり良い感じです」と自信をのぞかせている。

   もっとも、選曲には泣く泣く漏れた曲もあるらしく、未だにスタッフとの交渉が続いているとか。そんなわけで、次回作「つるのおと」にも意欲をみせている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中